Days until Christmas

google-site-verification=NszBBvkcNHlmmFZFrBkaTgUCb0EM7adVd8pnU_xgVn0

© 2 0 1 9     S a n t a   C l a u s   o f   A r c t i c   L a p l a n d    L t d.

S a n t a p o s t . o r g,     L a p l a n d,  F i n l a n d  

サンタクロースの手紙       サンタワークショップ        サンタポストオフィス

ラップランドのサンタの家

サンタクロースは、クリスマスになるとプレゼントを配り歩き、トナカイと一緒に必ずラップランドのコルバトゥントゥリ ‐ フィンランド語で「耳の山」- に戻ってくる、いつまでも変わらない白ひげのおじさんです。忙しそうに働く小人たちが、サンタクロースのお手伝いをしています。
昔々、サンタクロースは北極に住んでいると考えられていました。しかし、北極にはトナカイはいませんが、フィンランドのラップランドにはたくさんいるということが1925年に判明したのです。
今では、サンタクロースがコルバトゥントゥリに住んでいることはよく知られています。この山は、フィンランドの東部国境近くにあるサブコスキ市にあります。サブコスキには、人間の十倍もの数のトナカイが住んでいます。

サンタクロースとその奥さんの家がある東ラップランドのサブコスキについての詳細はこちら:

 

 

フィンランドへようこそ: